Brynhildr

KeroRemote

リモートデスクトップエンジニアのブログ。

まもなくバージョンアップ。
さて、前回のTrueRemoteのバージョンアップより結構な間が開いておりますけど、何かと多忙でとかそんなの言い訳にしてますけど、実は随分前からアラカタ出来ていた説。
もちろん最近になって実装した機能もありますけど、元々「1.1.1β4」だったものに、結構修正を加えて途中から変更しすぎて、1.1.1の枠を飛び出したかな、だめだこれ、になって、数字を切り上げた感じですし。

ちゅーことでサラッと次期バージョンについてチラ出し(1.1.0からの変更点)

・描画速度向上
・通信データ圧縮率向上
・画質向上(アンチエイリアシング)
・18bitColor廃止
・10bitColor/13bitColor/16bitColor追加

とまぁ大まかにはこんな感じでしょうか。

あと、お気に入りの改善に「マウスカーソル」とかあります。従来では、サーバー側のマウスカーソルは、リモート操作を無効にした場合のみに表示させていたのですが、リモート操作時も表示するようにしました。でも、普通に表示するだけだとレスポンスの問題が発生するので、クライアント側が操作時には、サーバー側のマウスカーソルが消えます。サーバー側で操作した場合はマウスカーソルが表示されます。うーむ、便利。

あと、画面のアスペクト比なんですけど既定値で固定にしました。アスペクト比は固定の方が良いとゆー御要望が多かったもので。ちなみに、アスペクト比の固定方法なんですが、ウインドウのサイズを変更する方法では無く、黒枠を付ける感じです。縦横違いますけど、アナログ放送みたいな感じです。

最後に。

よく、「CPU負荷が高い」とか「遅い」とかゆー評価を頂いておりまして、これはこれで真摯に受け止める必要があるのですが、恐らくハードウェアのスペック的がシステム要件に達していないケースが多いように思います。コーデックの仕様的にもとりあえずマルチコアは必要な感じです。妥協してハイパースレッディングですかね。1つのハードルとして、ハイパースレッディングを搭載したATOMを考えていますので。とゆーことで、「CPU負荷が高い」とゆー御声に対応すべく、CPU負荷の制限を既定値では「50%」で設定してあったのですが、それだと「遅い」とゆー事になっているよーですので、ここは断腸の思いで負荷よりも速度重視の方向で。いえ、既定値を「100%」にするだけなんでCPU負荷制限のオプション「maxcpu=」は残しますけどね。「CPU負荷が高い+遅い」だとどーしよーも無いのですが、「CPU負荷が低い+遅い」だとなんかもったいないので。どーせなら全力で力を出し切って欲しいですよね。まぁ、CPU負荷についてはスゲー高性能なCPUが続々とリリースされて改善するのは間違い無いので、あんまり心配してないんですけど。

イメージ的としては、相応の対価が必要とゆー意味で「陽電子砲」な感じですかね(´д`)

「負荷が高いけど速い」それがTrueRemoteのポジションなのかもしれないと思う今日この頃です。




3件のコメント ... ( 管理人承認制 )



マウスカーソルの点滅も修正されます?


S7  2010/05/07


≫ マウスカーソルの点滅
残念ですが・・・_| ̄|O
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.02.windowsconfidential.aspx?ppud=4
これが真相です。まぁ、ZeroRemoteのようにDirectXでキャプチャーすれば解決するのですが・・・。


IchiGeki  2010/05/07


変更点や追加点を見ると更新待ち遠しいですねえ^^


それから使う人によってスペックも使い方もマチマチですから
負荷をどうするかって問題は調整が難しいと思いますが
私のように今となっては低スペックなPCをサーバにしている人間でもTrueRemoteは便利だなと感じますし,VNCのように特にドライバも必要ないので気に入ってます


このあたりの問題はmaxcpuの項目が残してあれば問題ないと思います.
特に次のバージョンではかなり高速化が
なされている模様ですので楽しみです.
実は高速化って低スペックなほど恩恵があるんですよねー


匿名  2010/05/09




... 不具合報告の際は、アプリのバージョンやOS等の動作環境の記載を御願い致します。

表記されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。
© 2010 IchiGeki