Brynhildr

KeroRemote

リモートデスクトップエンジニアのブログ。

iOS版Orthrosのキーボード付は250円。


キーボードなどが実装されたiOS版Orthrosの有料版の価格が決定致しました。

250円でする。

安いか高いかはユーザー様の御判断とゆー事で。ちなみに、3割がAppleで、3割が嫁で、手元に来るのは4割ですかねw

さて、上の画面を御覧になると御分りになりますように、iOSのソフトウェアキーボードを使って入力文字を送信するのでは無く、キーコードを送信するタイプの独自のソフトウェアキーボードを実装しております。他の同種のリモートアプリはあんまり見た事が無いので、珍しいか珍しく無いかも分かりませんが、「Shift」キーとか「JP(半角/全角)」キーとか「Fn」キーとか「Alt」キーとか「Win」キーとかあります。下部に「Shift」キーや「Fn」キーを押した時のスクリーンショット画面を載せてます。操作される側はWindowsを想定していますんでこんな感じです。ちなみに、ウインドウを閉じるとショートカットキーの「Alt+F4」を使うには、「Alt」+「Fn」+「F4」と3つもキーを押す必要があります・・・恐れ入ります(;´д`)

尚、画面はまだ開発中のものですんで変更になる可能性があります。てか既に「Home」キーの位置を変更しました。てかバグでした。なんでこの位置になってたんだ・・・。

スクリーンショット画面は、iPadなんですが当然iPhoneでも動きます。かなりかなりキーが小さいんでホントホント恐れ入ります。一応打てる事は打てるんですけど打ててるか?とゆーと微妙なラインで御座います。大きさ的にはiPadminiだと丁度良いって感じですかね。iPadmini欲しいすね。

有料版の追加機能としては予定通り、「画質調整」「音質調整」「音声キャッシュ」「録音デバイス」の設定が可能でする。とゆー事でリリースまでもう暫く御待ち下さいませ。有料版の販売数の目標は、無料版の1%としてますんで、現在だと10本てトコですかね。

ちなみに、このソフトウェアキーボードのデザインどうですかね?







コメントはまだありません ... ( 管理人承認制 )





... 不具合報告の際は、アプリのバージョンやOS等の動作環境の記載を御願い致します。

表記されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。
Copyright (C) IchiGeki All Rights Reserved.