Brynhildr

KeroRemote

リモートデスクトップエンジニアのブログ。

st4d「0.1.1」リリース

フェーズ1をもう少しだけお付き合いください。例のボイスチャットアプリです。

st4d 0.1.1 Download

0.0.1しか上がっていないのに結構色んなところを修正しました。実は結構前に修正は終わってたんですけど最近バタバタでしたんでこのタイミングでリリースです。

まず、サーバー側のコマンドラインオプションに「/pcm」を追加しました。これを指定すると音声を無圧縮で通信します。最速です。クライアント側は圧縮か否かを通信で判断できますんのでクライアント側での指定は不要です。

次に、受信側と音声再生周りをガッツリ修正しました。特に遅延制御を中心に。無圧縮通信をしたら改善点が結構見つかったので修正しまくりです。

次に、送信側と音声録音周りをガッツリ修正しました。特に無音判定を中心に。無音の処理がまるで違います。ちょっとWASAPIはこの辺はめんどいですね。良い方法が見つかりましたんでこれで。

次に、FPSをステータスとして表示するようにしました。送信側をFPS100で固定です。パケットサイズも変わってます。大体このくらいが良い具合みたいです。フェーズ2だとちょっとどうなるか分からんのですけどとりあえずフェーズ1はFPS100で。上の画像だとFPSが出てないんですけど新しいのは出てます。手抜きですみません。

次に、起動メニューはデフォルトでサーバーモードでしたけど、クライアンとモードに変更で。考えてみたらクライアントモードの方が多いですし。Brynhildrもそうしてましたので。

次に、デフォルトがクライアントモードになりましたんで「/clientmode」は廃止され「/servermode」が追加されました。指定するとサーバーモードで起動します。

次に、クライアントモードでキャッシュサイズを指定できるようになりました。デフォルトは「/cache:100」で100msecになっています。限界に挑んでください。うちの環境ですと無圧縮(PCM)にして50msecが限界っぽいです。ちなみに、サーバー側にはキャッシュはありません。FPS100でお分かりのように録音データが準備出来次第即座に送信させています。ちなみにWASAPIの共有モードですんでデバイスのローレベル的な遅延もそれなりです。ホントはASIOとか排他モードにすればもっと良いかもしれんのですけどそれだと他のアプリに影響与えそうなんで本来のリモートデスクトップとして性分忘れるべからずでこの辺で。

次に、デフォルトのTCPポート番号を「54020」にしました。

次に、オフライン時の文字の色を赤色から灰色に変更しました。赤色もちょっとオンな感じでしたんで。

次に、起動メニューでタブキーでコントロールの移動をできるよーにしました。地味ですが。

次に、起動メニューでエンターキーでOKボタンを押下するようにしました。地味ですが。

あと、細かなところをちょこちょこと調整してあります。

最近色んなことがありすぎて少々お疲れ気味のような気がしないでもないです。

そんなとこです、よろしくどうぞー。




コメントはまだありません ... ( 管理人承認制 )





... 不具合報告の際は、アプリのバージョンやOS等の動作環境の記載を御願い致します。

表記されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。
© 2010 IchiGeki