Brynhildr

KeroRemote

リモートデスクトップエンジニアのブログ。

ケロキーボード改弐式。

実際に出張で使ってみたところなんかどうもまだイマイチな箇所がいくつか見つかったので、さらにケロキーボードを自分仕様に大改造してみました。

まず、大きさを微妙に大きくしました。なんかまだ押し間違いが多かったのでちょっとだけ大きくしました。ま、実はこれタッチの位置の調整が完璧では無かったからなんてもう言えないですけどね。ペンとタッチで調整したつもりがどちらか1つなんてこれおかしいような気もしないでもないですが、そもそもペンなんて使わずにマウスを使うというおかしな使い方なんでそもそもペンの調整なぞ不要だという事に気づいたけど、もう既に大きくした後だったので放置とゆー。

あと、起動させてもキーボードは表示させず、タスクトレイにまず格納されます。これスタートアップに登録を想定させてます。なんかアイコン状態で起動させるってのがうまくいかなかったのでもうアプリの起動してもキーボードは非表示にさせてやりました。で、タスクトレイにアイコンが出てるんでそれを左クリックするとキーボードが表示されるってゆー寸法です。でもう1回左クリックすると消えます。消えますってか最小化されてます。で最小化の後結局消してますけど。

あと、ウインドウの枠をとっぱらいました。ちょっとキーボードのサイズを大きくした時に画面の占有率が高くなった気がしたので細めにしたいと思ったらこうなりました。ちなみにキーボードの移動なぞいらぬ、サイズ変更だけで十分じゃ、とゆー天の声が聞こえたので、全方向サイズ変更バーです。自由にサイズ変更を御楽しみ下さい。えぇ、移動はありません。

あと、サイズ変更バーとかタスクトレイのアイコンの上とかで右クリックでメニューが開くようになってます。最小化とか既定位置&サイズに戻すとか終了とかこれで行えます。最小化ボタンどころか×ボタンも消し去ってしまいましたゆえに。

あと、アクティブウインドウを記録してまして、キーボードがアクティブにならないように工夫されてます。色々と試行錯誤したので詳しくは忘れましたけど。

あと、多重起動しないようにしました。Mutexとゆー懐かしいの使いました。

たぶんいじょです!

次バージョンで位置やサイズを記録するとかしないとか。いやたぶんします。

KeroKeyboard 0.0.3 Download




コメントはまだありません ... ( 管理人承認制 )





... 不具合報告の際は、アプリのバージョンやOS等の動作環境の記載を御願い致します。

表記されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。
© 2010 IchiGeki