Brynhildr

KeroRemote

リモートデスクトップエンジニアのブログ。

Windows 10 Anniversary Update

「Windows 10 Anniversary Update」でリモートデスクトップ界隈で不具合が出ている御様子。不具合の種類が様々っぽいんですけど、Brynhildrも不具合が出てないか心配でしたんで早速試してみました。

まず、手元のWindows10の端末を「Anniversary Update」でアップデートかけまして、ちょっと苦戦しつつもアップデート完了と。ちょっと苦戦とゆーのは、手元のWindows10の環境では、すんなりと「Anniversary Update」を適用する事ができなかったので、ISOファイルをダウンロードしてそれを適用させました。

で、個人ファイルを維持するを指定したはずなんですが、なぜか初期化・・・。指定を間違えたんやろか。

気を取り直して、さっそくBrynhildrをWindowsサービスに登録して起動させます。ファイアウォールの確認画面が出て起動完了。

さて。

別の端末からBrynhildrで接続すると普通に接続が可能。

次に、何かどーも「Anniversary Update」ではUAC周りが変わったのではないかとゆー噂があったので、サーバー側のUACの設定を最高にして、ちょっとでもOSの設定を変更しよーとしてもダイアログを表示しますよ設定に変更。スライダー最上段のアレ。

BrynhildrはUACのダイアログが出たら、一旦切断してサーバー側の権限を変更して再接続とゆー面倒な処理をしてるんですが、ダイアログが出る度に画面が暗転するのがウザいものの問題はない模様。

あと、ログイン画面とかも確認しましたけど、大丈夫ぽい。

つー事で、とりあえずはBrynhildrは「Anniversary Update」に適合してるぽい。

良かった。




コメントはまだありません ... ( 管理人承認制 )





... 不具合報告の際は、アプリのバージョンやOS等の動作環境の記載を御願い致します。

表記されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。
© 2010 IchiGeki